悩んでいる男性
  • ホーム
  • 子供も感染クラミジア・トラコマチスとバルトレックス

子供も感染クラミジア・トラコマチスとバルトレックス

いわゆるクラミジアは淋病や性器ヘルペスを上回り、日本で最も感染者の多い性感染症とされています。
その原因となるのはクラミジア・トラコマチスという細菌の一種です。
性器に感染すると性器クラミジア感染症と呼ばれますが、目に感染するとトラコーマと呼ばれます。
最近では男性よりも女性に感染者が多く、特に若い世代で女性患者の増加が問題になっています。

女性は感染しても無症状である場合が多く、発見が遅れがちです。
しかし放っておくと不妊症の原因になったり、産道を通じて子供に感染したりすることがあります。
子供に感染すると新生児肺炎や結膜炎を引き起こします。
自覚がなくてもパートナーや子供にうつす危険があるため、検診を怠らないようにする必要があります。

クラミジア・トラコマチスは抗生物質で治療します。
抗生物質にも多くの種類があり、ペニシリンなどは効果がありません。
有効とされるテトラサイクリン系などの抗菌薬を使えば、1週間ほどで完治させることができます。
ただしパートナーが感染していると、治ってもまた感染させられてしまうので、一緒に治療を受けることが大切です。

同じ性感染症の薬でも、バルトレックスはウイルスに対して効果があり、主として性器ヘルペスに用いられます。
ウイルスは細菌よりもずっと小さな生命体で、増殖の仕組みが細菌とは異なるため、細菌の活動を抑える抗生物質では全く効き目がありません。
性感染症なら何にでも効く薬は、残念ながら存在しません。
近年は個人輸入でいろいろな薬が合法的に入手できますが、使い方を間違えると効かないどころか、逆効果になってしまうこともあります。
個人輸入は十分な知識をもとに、自己責任で利用してください。